投資顧問の無料サービス、無料サービスがあるかは要確認
投資助言を行う会社は金融庁に届け出を出す義務がある
ミリオンストック風評被害について

What's New

根拠のない噂話が広がってしまう風評被害というのは、一度広がってしまうとなかなか収集がつきません。特に同業者からの風評被害だと、更に困惑することでしょう。ミリオンストック投資顧問もその内の一つでした。そこで、ミリオンストック投資顧問がどのような顧問会社なのか、そして風評被害がどうなったのかについて解説します。

ミリオンストック投資顧問は株式会社NEOが運営する投資顧問

投資顧問ミリオンストック投資顧問会社は、株式会社NEOが運営している投資顧問会社です。株式会社NEOは金融庁から登録を受けた投資会社です。金融商品を取り扱う時には、事前に金融庁に登録をする必要があります。株式会社NEOは、金融庁に金融商品を取り扱う業者として認められている確かな投資会社なのです。さらに、ミリオンストック投資顧問会社は顧問として投資の達人と言われている橋本明男さんを招きました。橋本明男さんは、結果重視を貫く成功報酬型の顧問です。その姿勢は徹底していて、顧客に利益をもたらさなかった場合、自らは一切の報酬を受け取らないというのです。橋本明男さんはミリオンストック投資顧問会社で、様々な助言をしてくれています。

橋本明男さん自身がこれまで得てきた様々な投資の知識を無料で投資を目指す人に提供しているのです。あらゆるニーズに対して助言してくれるので、初めての投資に戸惑う人にも、なかなか投資で成功できないという人にも、惜しみなくアドバイスしてくれるのです。なかでも、橋本明男さんが書く相場コラムである「わしの罫線」は、日々変わっていく市場の動向から、これからの相場を予測してくれているのです。投資をしていてもなかなか市場の相場が読めないという人にとっては、かなり頼りになります。

ミリオンストック投資顧問も被害を受けた同業者による風評被害

逆ステマの風評を流している業者のイメージミリオンストック投資顧問のネット上での悪評を目にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。実はこの悪評は、同業者によるミリオンストック投資顧問に対する逆ステマの風評被害だったのです。逆ステマというのは、自らの正体を隠して一般のユーザーの振りをして悪い評判を逆宣伝することです。逆ステマとは知らずに情報を見た人は、まるでそれが真実なのかと錯覚してしまいます。

特にミリオンストック投資顧問を必死に叩いていたのが、競合会社であるベストプランナー投資顧問だったのです。ユーザーに対してあたかもベストプランナー社が優れていると誤認させるために、ミリオンストック投資顧問の悪評をネットで流していたのです。ですが、ベストプランナー社はそれまでの運営から苦情が相次ぎ、金融庁の臨店検査を受けることになったのです。その結果、法令違反を犯していたことが分かりました。金融庁は一発で免許取り消しという行政処分を受けたのです。その理由は、集客した見込み客に対して助言実績に関する虚偽の情報や、事実と異なる表示で勧誘して、集めた顧客から助言料として料金を騙しとっていたのです。これまでのミリオンストック顧問に対する逆ステマ行為がやっと認められたのです。

ミリオンストック投資顧問は過去に行政処分を受けたことがある

ネット実は、ミリオンストック投資顧問は過去に行政処分を受けたことがあるのです。もともとミリオンストック投資顧問は、投資サイトである日本投資顧問株式とジャパンストックトレードが合併してできた会社でした。そして日本投資顧問株式とジャパンストックトレードの、2つのサイトを運営していた株式会社CELLが行政処分を受けたことがあります。ですが、ミリオンストック投資顧問がそのことで金融庁から行政処分を受けるということはありませんでした。ステマサイト行為を金融庁に指摘され、その違反行為から登録をすぐに取り消されたベストプランナーグループと比べると、悪質ではないということがわかるでしょう。行政処分を受けたことは事実で、業務改善命令を受けたことも事実です。

現在、ミリオンストック投資顧問は業務改善命令に従い、新しいスタートを切りました。2019年10月現在、処分に触れるような行為をしてはいません。金融庁が登録を消していないことこそが改善した証拠なのです。過去のネットニュースなどを見た場合は不安を感じるということがあるかもしれません。ですが、その時には金融庁の登録がされているかどうかをチェックするように心がけることが大切なのです。

まとめ

初心者が逆ステマを見抜くということは、かなりの至難の業です。見抜くことができないことの方が多いかもしれないのです。そして、ミリオンストック投資自体、過去に行政処分を受けたことがあります。ですが、ミリオンストック投資顧問は業務改善命令により生まれ変わり、現在では試す価値のある投資顧問会社になりました。公式Twitterでは無料銘柄の配信を行っているため、まずはチェックをしてみて判断してみるのもいいでしょう。